プロフィール

桜花翡翠

Author:桜花翡翠
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ネットゲームのメイプルストーリーの日記 めいぽの中での何気ないことを書きつづっていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
赤い鈴
こんばんわ 桜花翡翠です。

122になりました めでたいですヾ(*´∀`*)ノ

さて、特にネタもないので、私の大好きな

歌手の一曲を取り上げて、歌詞でも

翻訳してみようとおもいます。

歌詞の意味がわかったら全然違う曲に

聞こえてくるような気がするので

みなさんも一回オススメしますよ~σ・ω・`)

では まずは歌詞からど~ぞ



赤い鈴 作詞作曲あさき 曲あさき

夕暮れ 遠くに伸びる 長い二人の影を目で追いながら
手をつないで帰った
鳴る小さな 小さな 鈴の音
一様に並んでいる鳩時計と一緒に鳴るよ
りんりりぃん
響く小さな小さな音

ある朝 彼はお偉いさん
「君は僕がいなくても平気ですか?」
震えるその手から漏れている 堂々巡りの迷妄(めいもう)
とても汚い色をした 吐き気を催す丹の笑み
りんりりぃん
響く彼女の鈴の音

白装束の老婆が背中で笑う
そうさ ぺろりと・・舌出しながら
「右手は空へ 左手は海へ捨て
立派に蒼天仰げよ!」
と諭(あげつら)う鴉たちは右へならえ

至極(しごく)是(これ)当然と並べ立てた
理想と幸せは雨催い(あまもよい)
茫漠(ぼうばく)と広がり解ける
耳元で囁く
「鬼さんこちら 手の鳴るほうへ」
白雲消えていく

「嘘をつくキサマらの舌なんてチョン切って捨ててやる!
ずっと待つんだ!彼を待つんだ!」
見えぬ聞こえぬ
「何もないほうがいい」と笑う
金魚鉢に写る彼女はくるくる流れる

「お元気ですか?」
彼女の手紙 ある日を境に途絶えた

何度目かの緑雨に染まる鳥が風を連れてきた
でもいない あの子は黙して音色
あの飴色空 影を延ばすことは無いでしょう
鈴は鳴り響く

「僕は帰ってきたよ!」
鴉(からす)の喚声(かんせい) 暮色に消ゆ
彼は走った!そして涙こらえて そっと扉開けた!
そこには 彼女の時をのせた 鈴の音だけが
夕暮れ、二人で手を繋いで歩いた。
後ろから差す夕日に伸びた影を見ながら。

幸せだった。幸せの音に合わせる様に二人は笑いあった。

ある朝彼はお偉いさんとなった。
召集令状が届いたのである。
「君は僕がいなくても平気ですか?」
自分も辛いのを隠し彼女を励まそうとする。
その嘘をつく自分に吐き気がする。
こんなもの来なければ良かったのに…
ただ赤紙だけが事実を伝えていた。

どうして彼が。
彼女は涙を流した。

死の恐怖が彼等を襲う。
「お国の為に立派にやってきなさい」
周りは言う。上官も言う。敬礼。

このまま、結婚して幸せな家庭を築いて、二人でずっと一緒に居る。
そんな至極当然だと思っていた未来はサラサラと崩れてしまった。

――――――彼女サイド―――――――――
何かが耳元で彼女に囁いた。
「鬼さんこちら 手の鳴る方へ」
彼女の中の何かが、壊れていった。雨模様。

「嘘をつくキサマらの舌なんてチョン切って捨ててやる!」
ずっと待つんだ!彼を待つんだ!
周りの人間は彼は帰って来ないと言うけれど、私は待つの。
事実は見ない。何も聞かない。

彼の居ない生活なんて。
「何もない方がいい!」と笑う。
そして彼女は首を吊るのである。
ただ揺れる彼女の体が金魚鉢に映るだけだった。
――――――――――――――――――――
――――――彼氏サイド―――――――――
ある日を境に彼女から手紙が届かなくなった。

何度目かの梅雨を越え、彼はとうとう帰ってきた。
彼はまだ知らない。彼女がもう居ないことを。
彼が帰ってきた場所には、ただ彼女以外の人間の声しか聞こえなかった。

「僕は帰ってきたよ!」
彼は走って、彼女の家に駆け込んだ。
涙をこらえ、彼女との再会を待ち侘び扉を開けた。

しかし、そこにあったのは彼女であった筈のモノが。
彼への痛いほどの音にならない声を挙げ続け、揺れていた。




いかがでしたか?

戦争中の若いカップルの心境を綴った唄です。

私も最初はただ「良い曲だな~」程度にしか思っていませんでした。

でもこの歌詞の意味を理解したとき、

知らず知らずのうちに本当に戦争を憎むようになったとさ

桜花翡翠でしたσ・ω・`)
スポンサーサイト
【2007/01/23 23:12】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<newPC | ホーム | いじめについて考えてみました>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://oukahisui.blog62.fc2.com/tb.php/29-99f29704
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。